NEWS WEB ナビゲーター

ビジネスや生活に役立つ経済ニュースから芸能番組まで いち早くお届け

ガイアの夜明け【食卓の常識を変える“新食材”】

近大マグロ」に続け!“うなぎ味”の魚…知られざる開発の舞台裏に長期密着!▽農作物を野生動物に食い荒らされる農家が、意外な“逆襲”に打って出た!?
土用の丑の日」の食べ物として日本人になじみ深い、ウナギ。

最近は価格が高騰し、ついにはニホンウナギが「絶滅危惧種」に…。

日本の伝統的な食文化の消滅さえ危ぶまれる中、救世主が現れた。

それは、“ウナギ味”の意外な生き物だった!
年間約200億円ともいわれる、農作物の鳥獣被害。対策として、鹿や猪は毎年約60万頭が捕獲されているが、食用に利用されているのは14%ほどに過ぎない。

理由の一つは、品質維持の難しさ。

短時間で適切に処理しないと、臭みが出て食べにくくなるのだ。

これまで確立されていなかった流通システムを作り上げようと、意外な人物が立ち上がった。 注目されていない食材で「日本の食事情」を一変させようという挑戦を追った。