NEWS WEB ナビゲーター

ビジネスや生活に役立つ経済ニュースから芸能番組まで いち早くお届け

サタデープラス 都道府県健康ランキング糖尿病編!

糖尿病の都道府県別ランキング ワーストは徳島、ベストは神奈川
 厚生労働省はこのほど、2013年人口動態統計(概数)の結果を発表した。糖尿病や高血圧症が深く関わる心疾患や脳血管疾患で亡くなる人の数は年々増えている。

 糖尿病が原因の死亡数は1万3,783人であるが、実際には、糖尿病(高血糖)や高血圧が悪影響をもたらし、心疾患や脳血管疾患が進展するケースが多い。

 

 人口10万人に対する糖尿病による死亡率を都道府県別にみると、徳島県が17.6人と、全国平均の11.0人を大きく上回り、6年連続で全国ワースト1位だったことが明らかになった。

 徳島県の糖尿病死亡率は、1993年から去年までの20年間で、ワースト1位を脱したのは2007年の1度だけ。

ワースト2位は香川県の17.4人、3位福島県の16.1人だった。

 一方、全国ベスト1位は神奈川県の7.1人だった。全国平均を大きく下回り、ワーストの徳島県の半分以下にとどまっている。

ベスト2位は滋賀県の7.3人、3位は愛知県の8.2人だった。

 

GTFとは「グルコーストレランスファクター」の略称で、三価クロム、アミノ酸ナイアシン(ビタミンB3)の3つの成分が結合したものです。

カラダが必要とする場所に運ばれやすい型で、糖分が気になる方の良きパートナーとして注目されています。

クロミウムは私たちのカラダにも存在しますが、年齢と共に減少するうえ、食品から摂れる量も少ないので、吸収面をカバーしたサプリメントなどから補う方法がおすすめです。