NEWS WEB ナビゲーター

ビジネスや生活に役立つ経済ニュースから芸能番組まで いち早くお届け

人生の楽園 天竜区で家具工房とカフェ

静岡県浜松市が舞台。

自然豊かな天竜区で家具工房とカフェをはじめた山口誠二さん(68歳)と妻・孝子さん(67歳)が主人公です。

 

静岡県浜松市で生まれ育った誠二さんは、大学を卒業後、東京の会社に就職。

しかし満員電車に揺られ通勤する忙しい日々に嫌気がさし、地元に戻り半導体メーカーに再就職。私生活では2つ年下の孝子さんと結婚、女の子が生れました。

日曜大工が趣味だった誠二さんに転機が訪れたのは50歳の時。友人が木工を教える工房を開いたのがきっかけでした。

「自分も自然豊かな土地で、大好きな木工をやりながら暮らしたい」と考えるようなり、63歳の時に早期退職を決意。その後、奈良県職業訓練校で1年間木工の基礎を学びます。

そして2014年、手作り家具工房「Studio Maestro(スタジオ・マエストロ)」と「Café Maestro(カフェ・マエストロ)」をオープンしました。

月曜日から金曜日は家具作り。誠二さんが作る家具は曲線が多く、レトロカントリー風の素朴なデザインが特徴です。 土曜日と日曜日は家具工房がカフェに変身します。

人気メニューは5時間かけて作る自慢のオリジナルカレー。

土日の2日間でわずか5食の限定メニューです。

一方、自宅などで歌の指導をしている妻の孝子さんは、友人や知人に誠二さんの家具をPRしてくれます。自宅にある家具を見て、注文してくれるお客様もいらっしゃいます。

家具工房とカフェを始めて2年。念願だった木工中心の生活を送る誠二さんと、陰ながら支える妻・孝子さんの日常をご紹介します。

 

田舎暮らしを実現させるライフマガジン