NEWS WEB ナビゲーター

ビジネスや生活に役立つ経済ニュースから芸能番組まで いち早くお届け

クレイジージャーニー 命懸けの「沢登り」を楽しむ男!

命懸けの「沢登り」を楽しむ超クレイジーな男が登場!道着なき道を進んでいき、待ち受けるのは激流&滝&絶壁…。さらに道中では大蛇と格闘!独特過ぎる男の独特すぎるこだわり、哲学を大公開!

 

夢枕獏氏「近年の山岳ノンフィクションでこれほど面白く読んだものはない」。

角幡唯介氏「『那智の滝で逮捕』のニュースを聞き、妙な嫉妬心と敗北感を覚えた」。

従来の冒険ノンフィクションと一線を画した「冒険界のポスト・モダン」。

その書き手が宮城公博だ。アルパインライミングの世界では、日本で十指に入るという実力者であり、数ある登山ジャンルの中で「最も野蛮で原始的な登山」と呼ばれる沢登りにこだわる「外道」クライマー。

「人類初」の場所を求めて生死ぎりぎりの境界に身を置きながら、その筆致は時にユーモラスで読者を惹きつけて止まない。世界遺産那智の滝を登攀しようとして逮捕されたのをきっかけに、日本や台湾、タイの前人未踏の渓谷に挑んでいく。

地理上の空白地帯だった称名廊下、日本を代表するアルパインクライマー佐藤裕介と共に冬期初登攀を成し遂げた落差日本一の称名の滝、怪物のような渓谷に挑んだ台湾のチャーカンシー……。

そして「誰もやったことのない登山」をめざして行った46日間のタイのジャングル行は、道に迷い、激流に溺れかけ、飢えに耐え、大蛇と格闘する凄まじい旅だった。